2016/06/08

Post

        

仁王門について問題を出されました

category - 四国お遍路
2016/ 06/ 08
                 
前回、前々回と仁王門のことをブログに書きましたが

それを見てくれたブロ友さんの寿芳さんからコメントで

問題をいただきました。

知っている人には何でもないような問題ですが

せっかくなので知らない人のために目につくように

ブログ記事のほうに転載しておきます。



仁王門で思い付きました。
さて・・御仁王様は何方からお参りしますか。
御存じなら答えて下さい。
出来たら其の意味もついでにお答え下さい。
カンニングしても良いですよ。


というものでした。

なんとなくは知っていましたが正確に答えられなかったので

ネットでお勉強しました。


仁王門には左右に仁王像がいて睨みを利かせていますが
そのお顔を見て誰でも気付くのは口の形ですよね。
門に向かって右側のは口が開いていて「阿形」と言い
左側のはギュッと口を結んでいて「吽形」と言います。
阿吽の呼吸というのもここからきていたと思います。

ここまでは知っていたのですが、せっかくの問題なので
ネットでもう少し調べてみました。

「阿」というのはすべてのものの始まりを象徴していて
すべてを生じる心の源のこと。

「吽」は心が生じる源が帰着する智徳を意味する。

わかりやすい言葉で言うと始まりと終わりですかね。

なので最初に正面に挨拶をしてから、右側の「阿形」
続いて左側の「吽形」に挨拶でいいと思います。

追記:調べていると個人さんのブログで二体の仁王像は
大日如来の化身で「阿形」は慈悲と愛情で「吽形」は
智慧と理であるとしているのがありました。




16立江寺山門左仁王


正解です。
人間が生まれる時 アー と生まれます。この世を去る時、
ウンー で終わります。
其れを阿吽の呼吸と言います。
だから・仏様を守る・仁王様に阿 此処を通って良いですかと尋ねてから
・吽とお返事を戴いて・44番までは左側を歩き・
45番から右をこの世に帰って歩きます。逆も有ります。


私のように詳しくは知らなかったという人のために

記事にしてみました。


にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

一つ私の答えが抜けて居ました御免なさい。最後にお邪魔します。とお寺に挨拶です。さて次は参拝の様子を書いてください。勿論カンニングを許します。唯一人でも昔の作法を覚えて欲しいのです。
合掌 寿芳
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
寿芳さん>宿題の答えはブログにアップしますね。
ありがとうございます。