2016/06/29

2016年06月

        

2014/11/ 8 立江寺から生名バス停まで歩き遍路

category - 四国お遍路
2016/ 06/ 29
                 
最近、自分のブログの古い記事を見返したりしているのですが

気付いてしまいました。

立江寺から高知県の種崎フェリー乗り場までがごっそりと

抜けてます。

ということで、当分お遍路に行く予定もないので

この部分を書いていこうかと思います(細かいところは忘れてますが)

この前の記事は当ブログの2015/8/6 になります。

歩いた日は2014/11/8 です。

それでは記憶を辿りながら書きます。


立江寺仁王門です。

ちなみに立江寺は阿波の関所寺と呼ばれ、悪い人には

罰が下り、この先進めるか見極める関門だったと言われています。

10時20分鶴林寺に向けて出発します。


22立江寺山門自分2

立江中学校の前を通る遍路道を行くために少し戻ると

来るときに目にした真っ赤な白鷺橋がお出迎え。

この橋も白鷺が止まっていたらなんとかかんとかっていわれが

あったように思いますがど忘れしました。

気になる方はググってみてください。


23立江寺前しらさぎ橋


しっかり道標もありました。


24鶴林寺へ道標1

この日は時間に余裕があるのでゆっくり歩いて行くと

遍路地図に載っている法泉寺というところでご夫婦の

歩き遍路さんに追いつきました。軽く挨拶をして先に行かせてもらう。

この辺は写真も無いし記憶が定かでないのですが

確かお遍路さんの休憩小屋があったと思います。

中に入るとベテラン風の方が一人いて、お接待のコーヒーを

飲みながら少しお遍路談義。

この間にさっきの夫婦遍路さんに抜かれたようで

ここを出て22号線に合流するT字路で追いつきました。

ここから少し登坂になるのですが、定番のどこからですか?とか

話をしながら一緒に歩いていましたが、坂を上りきったところ辺に

地元の勝浦みかんを売っているところがあってご夫婦は

家に買って送るから先に行ってくださいということなので

またまた一人旅になりました。

調子よく坂を下っていくとよく歩き遍路のブログに登場する

美容院近くの休憩所でそこの美容院のObaさんに呼び止められた。

昔のお遍路さんの様子などの話を聞かせてもらったい

出発するときには手作りのカバーに入ったポケットティッシュを

お接待でいただきました。

そのまま道を進むと勝浦川沿いの16号線につきあたります。


27鶴林寺道路標識

コンビニがちょうどあるのでここでお昼ご飯にしました。

するとまたまた先ほどのfuufuhennroさんに遭遇。

今日は金子屋さんに泊まるということなので

私も今日の予定は金子屋さん前のバス停までなので

一緒に歩きましょうということでまたまたいろいろおしゃべりしながら

歩きました。

29鶴林寺へ古道標2


あっという間に「道の駅ひなの里かつうら」です。


30ひなの里かつうら

小休憩した後少し先のコンビニのところで右に曲がると

すぐに金子屋さんです。

ご夫婦とはここでお別れです。

鶴林寺への山道の入口のところにバス停がありました。

この時点で14時20分です。

バスが来るのは20分後だったかな。

31鶴林寺への道標



33生名バス停2


白衣を脱いで着替えて杖を袋に収めたりしていると

先ほどのご夫婦が出てきて時間が早いから周囲を散策しに行くそうで

なんとその前にバスで帰る私を見送ってくれると言ってくださいました。

バスが来るまで明日の予定のことや明日は雨だからいやだなとか

色々話をしてくれたので待ち時間もあっという間でした。

バスが来たので「ありがとう、気を付けて」と握手でお別れ。

写真も撮らなかったのでお顔も忘れてしまいましたが

今でも心に残っているご夫婦で、無事結願出来たかなと

時々思い出します。


黒鼻をポチると喜びます

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村



にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村




            
スポンサーサイト